被害に見合う補償を


弁護士の無料相談は、法律事務所の宣伝などに活用されています。宣伝ではありますが、うまくいけば継続して相談に訪れてくれるので、対応についてはきちんとしたものが期待できます。その間に相談する内容は人それぞれで様々ですが、交通事故関連のトラブルは非常に多く、交通事故の被害に遭い、慰謝料や治療費を請求したいという方は後を絶ちません。被害に見合う補償を受けるためにも、弁護士への相談は必ずしておきましょう。

慰謝料や治療費の支払いを加害者に請求することは珍しくありませんが、その額がどうなるかは、相手との交渉にかかっています。加害者側は保険会社を代理に立てて交渉を行うことが多いので、弁護士のような多くの知識を持つ専門家が居ると、個人で知識不足のまま交渉するよりも、はるかに信頼できる交渉にしてくれるでしょう。交渉内容は様々ですが、例えば事故の規模を調査したり、後遺障害が起きるリスクを想定したりと、様々な情報を調べて、適性と思われる慰謝料を請求します。

理想どおりの慰謝料を受け取れるかどうかはわかりませんが、少なくとも加害者側の保険会社が提案する示談金では、十分な補償は行われないものと思ってよいでしょう。だからこそ弁護士のような深い知識を持ち、多くの事例を見てきた専門家のサポートは欠かせません。無料相談を利用すれば、初回の相談にかかる費用も節約できるので、なるべく早く候補の法律事務所に相談してみてください。